History

クラブの歴史

~ History Of Ono Grand Country Club ~

紳士の主張
伝統とルールを守って自分のゴルフを堪能し、クラブライフを楽しむためにゴルフクラブがある。
現代社会における各世代の生活空間とは別に少し閉鎖的ではあるが、
入会してみるとメンバーにとってフレンドリーなクラブ「自分はここのメンバーなのだ」と率直に誇れる。
自分の庭、みんな楽しくプレーして欲しいとメンバー全員の気持ちが共有している。
青空と緑のゴルフコースに大切な友人を誘い、ゴルフに浸り、虜にする、癒しの別世界。
淑女の思い
数多い女性ゴルファーの中で、限られた淑女たちの為だけ楽しめるゴルフクラブ、
限られた時間を快適に過ごせる居心地の良い場所。
友人をゴルフ場に誘うことができて、招かれたゲストに喜ばれる、貴方が誇れる夢のステージ。

クラブの歴史

1976

仮オープン

1979

フルオープン
小野国際ゴルフ倶楽部

1980

理事会発足
初代 松尾泰一郎理事長就任

1982

27ホールオープン(10月)

1986

小野グランドカントリークラブに改称

1995

阪神淡路大震災によりオールドコースのみ18ホールでの営業

1996

36ホールでの営業を再開(4月)

1999

前田義里理事長就任

2003

ホームページ開設

2004

塩川正十郎理事長就任

2009

会員集会開催

2013

錦織達郎理事長就任

2018

平成30年7月豪雨の被害により
NEWコース11番を
一時的にPAR3として営業

2019

松島二郎理事長就任

コース・施設の歴史

1975

建設工事着手

1979

クラブハウス完成

1981

18ホールから27ホールへ増設着工

1982

東ホール(9H)完成

1983

スタートハウス新設(現在のNEW OUT)
コンペルーム新設(3部屋)

1984

打放し練習場の新設
バンカー練習場の新設

1985

進入路南側の連絡橋新設「さくらみなみばし」

1986

進入路北側の連絡橋新設

1987

クラブハウス増築工事
来客用運転手控室新築
女子ロッカー及び浴室の移設拡張
クラブハウスからOLD1番への歩経路立体交差工事

1988

NEWコース完成
キャディバッグ用カート導入(NEW)

1989

キャディバッグ用カート導入(OLD)

関西アマチュア選手権決勝競技(NEW)

1991

ミドルホールからロングホールへの改造(NEWコース1番ホール)
ミドルホールからショートホールへの改造(NEWコース7番ホール)

1993

NEWコース7番ホールにコース売店新築

1996

女子ロッカー及び浴室の拡張

1997

5人乗り乗用カート導入(OLD)

1998

第1回アイフルチャレンジカップ(NEW)

1999

池正面に花壇新設(NEWコース3番ホール)

2000

5人乗り乗用カート導入(NEW)

2004

レストランのベランダをテラスに整備

2006

ベントグリーンへの改造(OLD)
2F食堂コンペルームの改造

第7回南都オープンゴルフ選手権(NEW)

2007

第8回南都オープンゴルフ選手権(NEW)

2009

ロッカールーム改造

2011

シニア・レディス向けティグランドを新設(NEW)

2013

バンカーの新設と改修(NEW)

2014

日本シニアオープン(NEW)

2016

乾燥室の新設

関西アマチュア選手権決勝競技(NEW)

2017

シニア・レディス向けティグランドを新設(OLD)

2018

カートナビ導入
LINE@導入
プロショップ改修

2019

自動精算機導入

第73回日本学生ゴルフ選手権競技(NEW)

第56回日本女子学生ゴルフ選手権競技(NEW)